物流倉庫の業務を外部に委託することを検討中の担当者様へ!

物流倉庫の業務を外部に委託することを検討中の担当者様へ

「物流倉庫代行サービスを検討中の担当者様!」
「費用対効果の高い物流倉庫を活用したいネットショップ経営者様!」
「自社の手間を減らし、業務拡大を考えているECサイト運営の企業様!」

そんな貴社のための物流倉庫についてご紹介します。

▼物流倉庫代行サービスはこちら▼

物流倉庫代行サービスとは?

物流倉庫代行サービスの前にそもそも「物流倉庫」とは何だ?
と、首をかしげる方も多いかもしれません。

しかし、時代のニーズにマッチし、この後、幅広い視野でビジネスを展開する方、またインターネットでの事業展開を考えている方にとって、不可欠な要素なので、この機会におさえておくようにしましょう。

物流倉庫とは

単なる、「モノを保管する」という目的だけでなく、商品が生産者から消費者の手に届くまでに発生する

  • 仕訳
  • 貯蔵
  • 保管
  • 配送、発送

までを対応する施設のことをいいます。
コレまでの「モノを保管する場所」という概念を大きく超えた、充実のサービスが整っています。

また、インターネットの普及にともない、今や世界中あらゆる場所からモノやサービスが提供されています。
そのため、取り扱う商品、サービスの量や種類も膨大。

そこで、これまでの自社製品は自社で保管と管理、配送から手配までを行なう、というスタイルに大きな変化が起こっています。

なぜなら、取り扱う量やサービスが増えるとその分、そこにかかる人件費、また保管倉庫の問題、土地、管理体制等にもかなりのコストがかかり、企業などにかかる負担も増大。

そこで注目されているのが、その業務をすべて専門に一括で請け負ってくれる「物流倉庫代行サービス」です。

物流倉庫代行サービスを利用するメリットは?

物流倉庫代行サービスを利用するメリットは
物流倉庫代行サービスを利用することで、数々のメリットがあります。
具体的なメリットは以下の通りです。

メリット1、コスト削減

経費削減は、物流倉庫代行サービスの最大のメリットです。
取り扱う商品点数が増えるほど、自社内の商品保管占有率の格段によって、他の業務の妨げになります。

そのため、別の場所にスペースを確保する必要が生じます。
しかし、保管する場所のレンタル費用だけではなく、そこを管理する警備員、スタッフの配置などの人件費が発生。

さらに、会社との距離が広がるほど、移動にかかる車両費用、人件費、など無駄な費用と手間がかかるだけ。

また、繁忙期こそは、レンタルボックスを有効活用できても、売り上げがダウンした場合には、その分無駄な経費のみがかかる、という事態に陥ります。

一方、物流倉庫代行サービスは、大量の品物から、少量の品物にまでその時々にあわせた利用が可能で、またさまざまなケースに対応します。
もちろん、セキュリティー、警備体制も充実し、大事な商品をしっかり管理します。

メリット2・物流業務の負担軽減

物流倉庫代行サービスは、商品を「保管する」だけではありません。
出荷や配送時間に合わせた商品発送作業も行なってくれるので、自社での業務効率化が図れます。

また出荷件数の急な増加、緊急時の発送等も全て代行してくれるので、物流に関する一切の業務が省けます。
その分他の業務に専念できるところが魅力です。

メリット3、クレーム防止

ネット通販でよく耳にするトラブルに

  • 配送指定日なのに荷物が届かない
  • 届いた荷物が破損している
  • 購入した商品と違うものが届いた

などがあります。
このようなトラブルが続くと、お客様への信頼を失い、業績悪化に繋がります。

物流倉庫代行サービスを利用することで、物流のプロに任せることが出来ます。

物流倉庫代行サービスでは、迅速かつ、ミスの無い配送を実現するため、保管場所の徹底管理、注文にあわせたピッキング、欠品や不具合の検品などにも対応。

そのため、クレームの無いスムーズな商品管理から発送が実現します。

メリット4、スポット委託が可能

業種によって、繁忙期は異なります。
また一時的に人手が不足したり、スタッフが急に辞めてしまったりと、緊急事態が発生した場合、自社内だけでの対応は難しくなります。

物流倉庫代行サービスなら、人手不足の場合に対するスポット対応や委託も可能。
各社の状況に合わせて、配送業務を強化や季節ごとに配送する商品にDMやチラシ、小冊子を同封するなど、さまざまなサービスの利用が出来ます。

▼物流倉庫代行業者をお探しならこちら▼

『物流倉庫一括.jp』では、日本全国にある「物流倉庫会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこの物流倉庫会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな業務の代行が出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみてください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。

公式サイトはこちら

物流倉庫代行サービスで対応可能な「業務の種類」は?

物流倉庫代行サービスでは、具体的に次のような業務が委託できます。

その前に、お客様(A)と物流倉庫代行サービス会社を利用する会社や個人(B)、そして、物流倉庫代行サービス会社(C)の関係をザッと紹介します。

まず、お客様(A)が気に入った商品を物流倉庫代行サービス利用側の会社や個人(B)に注文します。
(B)は、物流倉庫代行サービス会社(C)に対し、「出荷指示」を出します。

(C)は、在庫情報などを(B)に連絡し、その後お客様に商品を発送して完了です。
それをふまえ、物流倉庫代行サービスができる業務の種類を具体的に紹介します。

1、入庫

委託会社などが購入、注文した荷物が物流倉庫に届いたら、その荷物を受け取り、指定の保管場所まで運び収めます。
これを自社内で行なう場合、会社に届いた荷物を配送会社から受け取り、オフィス内の保管場所に運ぶ、という内容。

荷物の量によっては、社内の人間総出で対応しなければなりません。
また荷物の重量によっては、女性では対応できず、男性の応援が必要となります。

その業務を物流倉庫代行サービスでは、専用のフォークリフト、代車等を使って、迅速に運び保管します。

2、ピッキング

ピッキングとは、注文にあわせて保管場所から商品を必要な分だけピックアップする作業です。
出荷指示に対し行なうピッキングを迅速にこなすには、商品の種類ごとにそして必要量ごと、その都度取りやすいように保管しなければなりません。

それを可能にするには、例えば、摘み取り方式など、物流のプロならではのコツがあります。
もしも、社内で適当に保管した場合、注文の度に目的の商品を探すにあたり予想以上に時間と労力のかかる作業かもしれません。

3、検品

出荷指示のあった商品に対し、荷物の欠陥、不備などをチェックすることを意味します。
それをやるかやらないか、丁寧におこなえるかどうかで、クレームのリスクが軽減します。

自社内で他の業務に対応しながら、検品すると、見落としから不備や欠陥のある商品を届けてしまう可能性もゼロではありません。
物流倉庫代行では、物流業務に専念しているので、万が一のミスも起こらないよう対応します。

4、発送

物流倉庫代行サービスでは、出荷指示を受け、お客様に発送業務まで対応します。

その際、荷物に納品書、ラベルやシール貼り、タグ付け、ノベルティーグッズやDMやチラシの同封、ラッピング対応など、さまざまな流通加工にも対応しています。

ただし、流通加工はオプションサービスとなりますので、事前に確認しましょう。
その他、オプションサービスを含めると、さまざまな業務に対応しているので、物流に関する一切の業務効率化が期待できます。

もちろん物流のプロが対応するので、自社内で対応するよりもはるかにハイクオリティーな配送が実現できます。

物流倉庫代行サービスにかかる費用と相場は?

物流倉庫代行サービスにかかる費用と相場は
物流倉庫代行サービスを利用する場合、基本体系として

基本料金+保管費用+入庫費用+梱包費用+発送費用

が必要です。
それにオプションとして、流通加工費用、たな卸し費用、返品交換費用などが発生します。

では、具体的な価格と相場を紹介します。

固定費用1、基本料金

いわゆるシステム使用料金のこと。
実際のモノの流れや入庫、格納、ピッキングなどの倉庫作業業務にかかる費用のことで、月額固定料として発生するのが一般的です。

稼動初回月のみの発生で、数万円前後。
ただし、小ロットの場合、無料で対応する事もあります。

固定費用2、保管費用

どのくらいのどんな倉庫を利用するかでも変わります。

例えば、普通倉庫にも、防火、防水、防湿、防鼠、照明などの全ての基準を満たす1類倉庫から、塩や肥料、陶磁器などの保管に適した防火基準の満たさない2類倉庫。

さらに、ガラス類や鉄骨材などの保管が可能な3類倉庫、など、保管する商品によって、選ぶことが出来ます。
もちろん、全ての基準を満たすものやスペースが大きくなればその分費用は高くなります。

また利便の良い都市圏よりも地方倉庫の方が、コスト、メリットが高くなります。
保管料は、1坪、1棚、1パレットで区分され、

・1坪数千円前後

注意点が、電気代、温度や湿度管理代等は、保管料金と別途費用が発生する事もありますので、各社事前に確認しましょう。

変動費用1、入出荷費用

仕入れ荷物を倉庫に運ぶ、倉庫から発送する際にかかる費用のことです。
この場合、ピッキングや検品、梱包、送り状や納品書の発行等は別途費用がかかりますので要注意。

入荷検品バラで1ピース10円から50円程度で、あくまでも数量の検品のみ。
品質の検品は、見積もり対応となります。

さらに、出荷ピッキングは、1ピースで20円から100円前後、ただし、ピッキングの方法や商品サイズで価格に変動あり。
出荷検品は、1ピースで10円前後、出荷梱包は、1件200円前後からのスタートで、梱包方法や商品サイズで変動します。

その他、納品と送り状発行1件につき、無料から30円前後となります。
いずれも各商品で価格が変動しますので、詳しく確認しましょう。

物流倉庫代行サービス会社の選び方

物流倉庫代行サービス会社の選び方
物流倉庫代行サービス選びに失敗しないためのポイントは、次の4つです。

ポイント1、対応力

物流に対する専門知識はもちろん、代行を依頼する業者の業務形態によって柔軟に対応してくれるかどうかも選ぶ際のポイント。
例えば、通販専門の会社の場合、より迅速にかつスピーディーな物流対応が要求されます。

またネットショップの場合、イベントやキャンペーン期間中は、注文が殺到し、商品発送が遅れてしまうこともしばしば。
目まぐるしく変化する繁忙時期にも対応できる柔軟性、対応力の有無を確認しましょう。

ポイント2、保管環境

なんといっても保管場所の環境、場所は、やっぱり重要です。
都市圏に近いといっても、利用が難しい場所であれば、意味がありません。

また価格やコスト面が充実しているといはいえ、あまりにも遠い地方であっても利用するメリットが弱まります。

さらに、自社の商品に合致しないスペースであったり、商品がすぐに探せない位置に保管場所が確保されていたりと、利用面の不具合が生じてもダメなのです。

出荷量や在庫量にマッチした保管環境が確保できているか、十分に確認しましょう。

ポイント3、コスト

「物流倉庫代行サービスは、すごくいいよ!」と評判を聞いたから利用してみた、では、逆に損をすることがあります。
どこまでが物流業務なのかを明確にし、また時期にマッチした環境利用の変更が可能かどうかを確認しましょう。

最近では、月額固定料が無料のプランもたくさん登場していますので、そちらを利用するのもおススメです。

物流倉庫代行サービス会社の一括見積を使うメリット

物流倉庫代行サービス会社の一括見積を使うメリット
一度に複数の物流倉庫代行サービスの見積もりを入手できる一括見積もりを使うメリットについてご紹介します。

物流倉庫業者を選別、比較できる

物流倉庫代行サービスは、現在、ものすごい数の代行業者が誕生しています。
その数は、今後も拡大し、ますます増えると予想されます。

その理由はインターネットの拡大によるもの。
インターネットを活用することで、世界中のありとあらゆる場所からさまざまなモノを取り寄せること、逆に発送することが可能となっています。

そのため、取り扱う商品数やサービスは、膨大となり、それを保管や管理する場所やシステムは、絶対になくてはなりません。
しかし、あまりにも数が多すぎると、業者選びに頭を悩ませてしまいます。

そこで一括見積もりの出番です。
一括見積もりには、選りすぐりの物流倉庫代行サービス会社が数百以上登録されています。

その中から自社の取扱商品や業種ジャンル、月間の出荷個数を入力するだけで、数百件以上の代行サービス会社から、数十件にまで厳選。
さらに、価格やサービス内容等条件を加えると、より自分に最適な会社が厳選できます。

物流倉庫の価格基準が分かる

物流倉庫代行サービスを一度も利用したことが無い方にとって、価格の相場なるものが全く分からないものです。
そんな時には、複数の会社の価格を比較することが、一番いい方法です。

一括見積もりでは、一度に複数の会社の見積もりが入手できます。
そのときに提示されているサービスと価格を見比べてみると、自ずと、価格の基準が分かります。

なぜA社は高いのか、なぜB社は、こんなにも安いのか?
サービスと価格を複数の会社で比較することで、目に見える「価格」だけで選ぶのは、得策ではない、という事。

また、安すぎても問題がある、というサービスのからくりにも気づけたりと、多くのメリットがあります。

物流業務探しの手間が省ける

物流倉庫代行サービス会社の一括見積もりは、各会社と直接会う必要はありません。
一括見積もりサイトがあなたに変わって、見積もりを入手してくれるので、あらゆる面倒から解放されます。

例えば、担当者と直接会ってサービスの内容を説明されると、なんだか断りにくくなってしまいます。
その他、後日押し売りやら、大量の連絡、メールなどでうんざりする事もあるでしょう。

しかし、一括見積もりでは、そんな面倒に巻き込まれる心配はありません。
しかもサービスは全て無料。

該当する情報を入力するだけで、時間にしておよそ2分前後と、とても簡単に利用できます。
物流倉庫代行サービス会社選びに迷っている方は、情報精査のためにもまずは一括見積もりを試してください。

▼物流倉庫代行業者をお探しならこちら▼

『物流倉庫一括.jp』では、日本全国にある「物流倉庫会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこの物流倉庫会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな業務の代行が出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみてください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。

公式サイトはこちら